女性イラスト

目の印象

細い目にコンプレックスを持っているという方も多いでしょう。弥生人を先祖に持つか、それとも縄文人を先祖に持つかで同じ日本人であっても体の構造が若干異なってきます。その1つに目があり、弥生人を先祖に持つ多くの方がまぶたが一重という方が多く存在します。そもそも一重と二重の違いは人類の祖先がどの環境で過ごしてきたかで大きく変わります。一重まぶたは寒冷地方で生活をしていた先祖が寒さで二重まぶたがくっつかないように進化したもので、氷河期に一重が生まれたと言われています。寒冷地方から徐々に下に南下し日本大陸に訪れたのが後の弥生人であり、寒冷地方で生活をしていたために一重で、また直射日光から体を守るための体毛も不要であったため体毛が比較的少ないと言われています。一重はそういう由来があり、人類の進化の賜物でもあります。しかしながら現代では一重よりも二重のほうが目元がくっきりとするため二重に憧れるという方も増えているわけです。

二重整形を行なう方のほとんどが弥生人を先祖み持つ方になり、末裔が多い東日本の方が多いとされています。そのため東日本ではこの二重整形に関する技術も比較的早く発達し、二重整形を取り扱っているクリニックの数も多いという特徴があります。二重整形をしなくとも現代ではアイプチなどを用い簡易的に二重にすることができます。しかしながら整形で二重にしてしまうという方も多く、こういう場合埋没法や切開法という方法の施術を以って行われます。両者とも整形の中では比較的簡易的なものになり、プチ整形としても有名です。実はまぶたは非常に薄い皮膚層になりアイプチを頻繁にやってしまうと傷ついてしまったり、炎症を起こすことも多くなります。整形で二重整形をするとアイプチなどをする必要もないためまぶたの負担も少なく出来ると言われています。