女性イラスト

施術の方法と違い

二重に憧れて二重整形を行なうという方も多いでしょう。二重整形を行なうときはまず現在デフォルト施術である埋没法と切開法の2つの内1つを選ぶ必要があります。それぞれで特徴があり、メリット・デメリットも存在します。まず埋没法は近年最も多くの方が選択する方法の1つです。埋没法は基本的に切開をすることはありません。まぶたを専用の糸を用い引っ張ることで擬似的に二重のラインを作ります。手術時間は数分程度で出来る非常に簡易なものになり、形が気に入らないという場合は糸を解けば直ぐにもとに戻すことが出来ます。そのため納得のいく形にすることが可能になります。糸は時間とともに体に吸収されるものを使用するため安全性が高く、また時間とともに吸収され無くなるため一重に戻ってしまいます。使用する糸によって持続期間は異なり、定期的に二重整形を行う必要が出てきます。プチ整形でもあるため日帰りでき、当日からメイクや普段の生活を送ることが出来ます。

埋没法に対して切開法はまぶたを切開し、再度縫い合わせることで二重を作ってしまうものになります。基本的に切開を行なうため永久的に持続しい、皮膚が綺麗にくっつくと二重と変わらない状態になります。施術にかかる時間は数十分になり、こちらもプチ整形で可能です。切開するためまぶたにかかる負担は埋没法よりも大きく、術後は腫れることもあります。数週間程度で皮膚がくっ付き、メイクや普段の生活が可能になります。安全性は埋没法のように糸を使用しないため非常に高いと言われており、本格的に二重にしたいという方に最適です。しかしながら一度行なってしまうと元には戻すことが出来ないため、予めしっかりと医師と相談を行う必要があるでしょう。